M&Aにおけるコード監査の価値を知る

Spirentのように積極的に買収を行っている企業は、買収の過程でソフトウェアコードと知的財産の品質と由来をどのように評価しているのでしょうか?

このケーススタディを読めば、Black DuckがどのようにSpirentを支援したのかわかります。

  • 買収ターケットのコードベースをスキャンして、オープンソースコンポーネントを識別
  • オープンソースの使用を推進しながらライセンスコンプライアンスを維持
  • 合併および買収の際のデューディリジェンスのスピードアップ

 

「Black Duckは、当社がソフトウェア会社を買収する際のデューディリジェンスの標準的な一部分となりました。」

–SPIRENT社、M&A担当バイスプレジデント、Steve Clark氏