「2018年オープンソースセキュリティ&リスク分析レポート」は、脆弱性とライセンスのリスクは継続して拡大していることを示しています

オープンソースの普及に伴い、リスクも拡大しています。「2018 年オープンソースセキュリティ&リスク分析(OSSRA)レポート」では、商用ソフトウェアにおけるオープンソースセキュリティ、ライセンスコンプライアンス、コード品質リスクの現状を詳しく分析しています。

監査を実施したコードベースの 8% に Apache Struts が存在そのうち33% が未だに Struts の脆弱性を含有

 

本レポートで取り上げられている代表的な業種には、自動車、ビッグデータ、サイバーセキュリティ、エンタープライズソフトウェア、金融サービス、医療、Internet of Things(IoT)、製造、モバイルアプリ市場などが含まれます。

本レポートには、セキュリティ、リスク、法律、開発、M&Aの各チームが直面し得るオープンソースセキュリティやライセンスのリスクを理解できるよう、見識や推奨事項が提示されています。

本レポートを活用し、オープンソースの使用に伴って発生し得るセキュリティ脅威やライセンスコンプライアンスのリスクから、どのように企業を守ることができるかご確認ください。

see-for-yourself.png

自社のコードを把握しましょう。