ソースコード解析

運用リスクを管理し、サポートコストを削減

ソフトウェアの構成要素はますます複雑になっていますが、開発部門は高品質なコードを予算内で期日までに生成する必要があります。これに加えて、多くのビジネスでソフトウェアの重要性が高まっている結果、技術的なデューデリジェンスはM&A 取引においてますます重要な焦点となっています。同様の理由で、M&A の範囲に限らず多くの企業が自社コードおよびソフトウェア開発プロセスについて社外の意見を高く評価しています。

Black Duck On-Demand コード品質監査 (CQA) は、コードおよびプロセスの品質に関する包括的なレポートをお届けすることで社内監査のニーズと M&A デューデリジェンス要件の両方に対応いたします。ソースコード解析結果は、コードの信頼性、効率および保全性といった重要なソフトウェア品質条件を評価し、組織が運用リスクを管理し、サポート費用を削減し、現在および将来の M&A 取引で発生し得る問題を予測できるよう支援します。

ブラックダックコード解析内容 CQA

CQA は最大かつ最も活発な買収企業を含む Black Duck カスタマーの意見を基に開発され、デューデリジェンスチームおよびエンジニアリングマネージャが自社コードを業界標準と比較できるようデザインされています。コード解析レポートは、コードのスタティック解析、他のコード解析データに基づいた比較分析、およびコード作成の際に使用したプロセスの評価結果を利用することで、全体的な品質評価を提供します。

当サービスは、日本では提供しておりません。

当社がソフトウェア企業を買収した際に、Black Duck は当社のデューデリジェンスの基幹要素となりました。
Steve Clark
Vice President, Mergers and Acquisitions
Spirent