M&Aデューディリジェンスチェックリスト:オープンソースの使用について質問すべきこと

オープンソースは、現在のアプリケーション開発に欠かせないものとなっていますが、多くの企業・組織では、使用しているオープンソースの可視化がなられておらず、技術取引の遅延や失敗にもつながる、法律上およびセキュリティ上の問題にさらされています

M&A取引における買収側または売却側のどちらの企業にとっても、オープンソース監査がデューディリジェンスプロセスに組み込まれることが多くなるでしょう。買収側の企業は、取引と合併のスケジュールが決まるまでに、ターゲット企業のオープンソースコードに内在する問題を識別しなければなりません。売却側の企業の場合は、自社のコードの構成ならびにオープンソースリスクの管理の仕方について質問を受けることが考えられます。

M&A取引のオープンソースデューディリジェンスでのBlack Duck推奨ステップを記したこの無料のデューディリジェンスチェックリストとガイドラインをダウンロードすれば、事前に準備しておくことができます。

Black Duckはコードについて熟知しています。