Bill Ledingham

最高技術責任者(CTO)・エンジニアリング担当バイスプレジデント

Bill は、技術およびセキュリティ分野の30年以上に渡って培った経験を Black Duck Software の CTO およびエンジニアリング担当バイスプレジデントとしての任務に活かして活躍しています。

前歴の情報とサイバーセキュリティ業界をリードする Verdasys 社では、グローバル2000企業および政府機関と密接に連携し、最高レベルの機密情報を保護してきた実績があります。Verdasys 社での勤務以前は情報管理およびセキュリティに活動の焦点を置くソフトウェア企業である Avalere 社の共同創業者かつエンジニアリング担当バイス・プレジデントとして活躍していました。同社は後に、Iron Mountain Digital社に買収されています。

その前には、Virtual Iron 社(後ほど Oracle 社により買収)でマーケティング・ビジネス開発部門の初代バイスプレジデントとして勤務したほか、音声ベースのソリューションを提供する SpeechWorks 社で多くの役員職を歴任しました。同社は2000年に新規株式公開を実施し、2003年には ScanSoft/Nuance 社と合併しました。創設時のメンバーの一人としてマーケティングおよびビジネス開発担当バイスプレジデントとして活躍し、戦略パートナーおよび顧客との関係構築と取引の成立に貢献しました。その後は製品開発およびサポート担当バイスプレジデントとして、数々の賞を受けた音声認識・音声合成製品の開発および導入を成功に導いてきました。

SpeechWorks 社での成功を収める以前、Bill は Stratus Computer 社でマーケティング部門のシニアポジションで製品ラインにおける製品管理の責任を担い、年間5億円にもおよぶ収益獲得に貢献しました。エンジニアとしてのキャリアは HP 社および IBM社 勤務時代にさかのぼります。

スタンフォード大学では学士号(電気工学)と修士号(生産管理工学)を、ハーバード大学ではMBAを取得してきました。スタンフォード大学のエンジニアリング課程をトップの成績で卒業し、Tau Beta Pi、Phi Beta Kappa および Terman Engineering Award を始めとする栄誉賞を受けています。